TIME CAPSULE

Black clay, Oxidation Firing

​2018

ある時点に私が作った空間を私の時間や経験を穴で記録し、刻印する。

そして、身体の一部の痕跡として存在し、時間の器(タイムカプセル)になる。

光が中にある時間を引き出し、映された影が時間を表現する。

光と影は太陽と人間によって変化する。只今の時間、と記録した時間を重ね、影の中に一つの時間軸になり、新しい時間はその中に生まれる。

The vessel(space) I made in a certain time, records my time and experience to the action of drilling holes on it. Taking away its function of holding water, it becomes the trace of my body, the existence as a time capsule.

Light shines through vessel, extracting the time inside, projecting the shadow as the trace of time. Light and shadow change according to the sun and people. The time of now, and the recorded time overlaps and combines, creating a new timeline inside the shadow.