RECURSIONシリーズ

黒土酸化焼成、UVレンジ

個展RECURSION、東京、2018

 

再帰(RECURSION)とは、

モノの本質を呼び出し、自我参照し、複製し、そして、循環する。

 

土に穴をあける時の記憶を土に記入し、穴自身が私の記憶の痕跡になる。

樹脂で穴を一つずつ埋め、水面張力によってレンズになる。

自我反射によって穴の中で無数な穴が映され、再帰する。

 

真実の世界と偽りの風景、記憶とする器の儚い空間で重ね合おう。

Recursion

Black clay, Oxidation firing, UV resin

Solo exhibition RECURSION in Tokyo, 2018

 

Recursion is the recall, self-reference, replicating and repeating its essence of a certain thing.

 

Recording the time and memory when drilling hole on the clay body, holes become the trace of my memory.

Covering holes one by one by resin, forming the lens by its surface tension.

Numerous holes were reflected and recursed inside the hole after Self-reflection of destruction and repairing.