不可視空間 / Impreceptible Realm

黒土、水、LED、ゴムシート / Black clay, water, tape led

400cm x 400cm x 250cm

2017年 京都造形芸術大学大学院修了展に展示

Shown in Graduation exhibition(MA) Kyoto University of Arts and Design

意識と無意識の間で作られたカゴは私の意識を閉じ込む。水鏡での他我と自我の反射(Reflection)、球体への意識の投影(Shadow)。光が穴とカゴの空間を通し、水鏡の世界を出入り、それが見ることも、触ることも、感知することもできない精神空間であり、最後に光と影として球体に投射する。集まった自身の思念がその虚像の世界に潜んでいる。楽観的で悲観的な。未来に対する予測できない不安と満ちている可能性や期待。この混沌且つ「完全なる」理想の世界をうつす。

“The cage” made in between of consciousness and unconsciousness confined my consciousness. Light passes through the space of “the cage”, reflects the “self and other minds”The reflection between “ego” and “other minds” in the realm of the water mirror, and the projects the traces created throughout the path into the realm of “shadow”. Hope, fear, regrets, and uncertainty of the future gather towards the sphere in the center, which is the complex of the emotions.