在 Existence

黒土、還元焼成 

サイズ可変 

2015年 PARC画廊に展示、京都 

親指同士と差し指同士を合わせて作ったボーダーが立体空間になる。オブジェが回るたびに、星のような流れ模様がきらめく輝く。そのシルエットが九字の印、日輪印「在」という形にしてます。