シュレーディンガー空間
シュレーディンガー空間
シュレーディンガー空間
シュレーディンガー空間
シュレーディンガー空間
シュレーディンガー空間
シュレーディンガー空間

シュレーディンガー空間 / Schrödinger's Space

素材:黒土、シンクロナスモーター / black clay, synchronous motor

サイズ可変 / Size varied

2017年

 

時間の存在することによって、モノ自体の可能性が生まれる。モノが回ると、両極性が曖昧になり、有と無、物質と空間、存在と不存在、など対立する概念が同一になる。シュレーディンガーの猫に存在する空間はノイズや可能性が溢れるカオスが同一された空間。

香港人としての私、と、この曖昧な時代背景に生まれた場所、何か繋がっているようなのに、なんだが違和感がする。自分の国籍やアイデンティティ、居場所、どこにも属さない、どこにも属する。浮遊感、割れ寸前の緊張感しかないこの空間、私の意識はただひたすら繰り返し、回り続ける。

 

 

The existence of time brings into the possibilities of things. When things spin, the polarity becomes blurred. Presence and absence, materials and space, contrary idea become co-existence. The realm where Schrodinger’s cat exists is the harmonized chaotic realm full with noise and possibilities. I, being a Hong Konger, born in the place with the ambiguous historic background, feel that I have something that links to the place, but, I feel something strange. My nationality and identity, the place I stay, maybe not belong to anywhere, or, maybe belongs to everywhere. In the realm fill with the floating feelings, the nervousness on the verge of collapse, my conscious is only keeping on spinning repeatedly.